So-net無料ブログ作成
検索選択
演奏会記録 ブログトップ
前の10件 | -

気軽にコンサートvol.4 [演奏会記録]

13499488_846529565481995_390643351_o.jpg13493243_846529622148656_421480627_o.jpg13445779_846347318833553_2775231333204141443_n.jpg6/18(土)毎年恒例の行事になりつつある『0歳から親子で聴ける〜気軽にコンサートvol.4』in絵本館を行いました。

引越ししてから初めての開催。
昨年まで、絵本館へは歩いても行ける距離だったのが、自転車じゃないと行けない距離になったので(それでも充分近いです!)2年間続けて、大きなキーボードやら何やら抱えて持って行っていたのをやめて、ということは、パネルシアターはやめて、別な参加型コーナーを考えよう、ということで、今年は「ボディパーカッション」に挑戦してみました。

それ以外には、いつも通りの、クラシックの名曲、子どもたちに馴染みのある曲、大人たちの好きそうな涙チョチョギレそうな曲、などなどを演奏したり、リズムを叩いたり、みんなで歌ったり。。

私たちの子どもたちも、始めた頃よりもずいぶんと成長したので、少しお手伝いをしてもらったりしました。以前は、ひたすら「静かにしててくれますよーに」と祈るばかりだったのが、お手伝いをお願いしたら、すっかりスタッフ気取りで、あれやこれやと協力してくれたので、コンサートの面だけでなく、母としては嬉しい部分でもありました。

お客様として来てくださる方たちも、毎年常連さんもあり、新しいお客様もありですが、常連さんはやはり、1年前のコンサートに比べてきちんと聴けるようになったとか、そういう変化を喜んでいる様子もありました。

今後は、少しずつ、幼児向け→キッズ向けに内容をステップアップさせていかなければなりませんが、赤ちゃん&幼児向けに特化したコンサートも並行して続けたいなあ、なんて思ったりしています。
コンサートの内容の詳細については、「ピアノおとぎ箱」のブログの方でご報告したいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2つのピアノ名曲コンサート [演奏会記録]

IMG_0478.jpg
IMG_0473.jpg

 先週の土曜日(4/9)は、地元越谷で、
 そして今日(4/13)は実家の隣町綾瀬市で、
 2つの小さなコンサートをしました。
 
 珠玉のピアノ名曲集・・・
  まさに、そんな内容のコンサート。

 曲目は、☆乙女の祈り(バダジェフスカ)
     ☆エリーゼのために(ベートーヴェン
     ☆トルコ行進曲(モーツァルト
     ☆愛の挨拶(エルガー)
     ☆ゴリウォーグのケークウォーク(ドビュッシー
     ☆愛の夢(リスト)
 プラス 越谷のみ☆スケルツォ第3番(ショパン)

 ほとんどが子どもの頃にさらった曲。
 技術的には易しい曲が多いので、その分、気持ちの余裕もあります。
 でも、誰もが知っている曲だから、というプレッシャーもあります。

 それから、短期間に2回の同じ内容のコンサートは、
 ずいぶん昔に、そういう試みをしたことはありますが、
(平日に都合の良い人、土日が都合の良い人、その両方の希望を満たすため)
 その時には、全く同じ内容でした。

 今回は、1曲だけ違うし、曲順は大きく違うし、コンサートの趣旨も違います。
 曲順が違うというのは、かなりの違いでした。
 どうしても、第1日目に気持ち的に山が来てしまうので、
 その後の数日間のモチベーションの持っていきかた、
 第1日目の反省を踏まえての、さらい方、
(それをするには、ちと期間が短い。)など、
 色々と課題はありますが、良い経験になりました。

 そして何よりも、やはりこういうコンサートを開催する意義
 =こういう名曲を弾く意味
 は、とても「ある」と確信しましたし、
 それと同時に、私がこれから勉強したい方向も
 たくさん見えてきました。

 つまり「名曲」はとても大切。
 でも、「名曲以外」も。。。

 さて、越谷でのせっかく素敵な空間は
 写真を撮り忘れました(><)
 でも、録画はあるので、すぐに見て反省会をしました。
 綾瀬では、写真は忘れずに!
 でも、録音は忘れました。(録画は初めから予定なし。)

 ということで、綾瀬の写真を載せます。

追記*
市民ホールコンサートのアンケート集計が送られてきました。
こちらのブログをご覧ください。
http://piano-otogibako.hatenablog.com/entries/2016/04/30

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

公演レポート〜ヴァイオリン・ピアノ・ マリンバで贈る、クラシックコンサート [演奏会記録]

去る12月13日(日)に北部市民会館において行われました、(地域の)アーティストとホールの共同企画vol18『ヴァイオリン・ピアノ・マリンバで贈る、クラシックコンサート』はおかげさまで無事に終了いたしました。
kinen-thumb-500x375-2462.jpg


torio-thumb-500x375-2342.jpg
piano-thumb-500x375-2490.jpg何よりもありがたかったのは、整理券配布わずか5分で終了してしまうほど、多くの方にコンサート前から期待していただきました。これは、vol17までを築いてきてくださったアーティストの皆さんの、実績の賜物であり、それを受け継いできた絆でもあります。
そして、コンサート終了後には、参加した方、全ての皆さんが笑顔で満喫して帰られました。今回は客席のほぼ1/3ほどが小さいお子さんだったそうですが、演奏中に騒ぐこともなく、静かに聴いてくれました。もちろん、打楽器クイズやみんなで演奏するコーナーの時には、大人も子どもも元気よく、楽しく参加してくれました。

また、当日はjcomの方が取材に見えて、翌日の17:00〜のデイリーニュースでご紹介いただきました。テレビの4分間は大きいです!ついでに、客席の様子で、うちの家族たちや友だちもしっかりと映っていて、我が家では大興奮でした。

自分で言うのもおこがましいことですが、内容的には100点を付けても良いんじゃないかって言う位、ファミリーコンサートとしては理想に近い形になりました。(演奏の善し悪しや、もっと改善出来る点はあったにしろ。)それだけに、もっともっとたくさんの方々に聴いていただきたかったなと思います。北部市民会館という狭い会場であったため、整理券がなくなってしまい、止むなく入場をお断りしなければならない方が多数いらっしゃったことが、本当に心苦しく思います。

今後とも、益々精進を重ね、演奏の質を高め、色々なネタの引き出しを増やし、越谷市で音楽の芽を伸ばしていきたいと思います。
サンシティホールの公式公演レポートはこちら。

第48回武蔵野合唱団定期演奏会 [演奏会記録]

半年振りのブログ更新になってしまいました。。。。
が、これだけは書いておかねば!という使命感に燃えて。

39cda513939829e7e88613d0a3b8433c-212x300.jpg11/9(月)
第48回武蔵野合唱団定期演奏会が無事に終了いたしました。
月曜日にも拘らず、チケットが割と早い段階で完売してしまいました。
満席のサントリーホールで演奏できる幸せ、こんな経験は、誰にでも出来ることではありません。
また、今回は本当に久しぶりに、小林研一郎先生とガッツリ練習させていただきました。
私自身も合宿に行くのは久しぶりでしたが、先生が参加されるのは本当にお久しぶりとのことで、それからの2ヶ月近くは、何度も練習にもお見えくださりました。
一期一会の切磋琢磨」合宿で先生がおっしゃられた言葉が、その後、何度も私たちの会話の中で飛び出してきました。毎回の練習ではもちろんのことですが、今回の本番では、特にそんな貴重な時間を過ごした気がいたします。
今まで練習を積み上げてきたものとは違う、またGPとも違う、今ここでしか出来ない音楽が舞台上で作られました。私はもう先生の指揮に必死にしがみついて行く、という感じでしたが。スリリングな時間でした。先生と演奏できる醍醐味はまさにこのことに尽きると思います。その時間は先生との無言の会話をしているような感じです。上手くキャッチボールが出来たと感じる瞬間は、心の中でガッツポーズをしながら弾いています(笑)

ピアニストとしては、もう一つ書いておきたいことが。
今回は、2台ピアノによる伴奏だったのですが、弾き手2人の個性や相性ももちろんありますが、それは、練習を通して、何となく擦り合わせが出来てきても、本番のピアノそのものの違いも大きくて、ピアノのコンディションやら置く位置やら何やらで、2台のバランスというのがなかなか揃うというのは難しいことです。サントリーホールのような日本一のホールのピアノでさえ、それはそうなのです。で、今回もご多分に漏れず、第2ピアノ(私が弾く方のピアノ)が恐ろしく鳴りが悪い。。。
これは非常に致命的。でも、第2ピアノは蓋を取り外してしまっているため、仕方がないことなのです。諦めるしかないか。。。でもこの状態だと、自分は不安感にかられ、絶対にガンガン弾いてしまって、汚い音だったという結果が帰ってくるなと、分かっています。
そうしたら、調律師の方が、「取り敢えず、音が散らない方向にキャスターの向きを変えてみますね。」と言って、くるくると(実際にはミシミシと?)変えてくださいました。ものの1〜2分の出来事です。その瞬間、さっきとは全く違う音に!いやー、キャスター一つでこれほどまでに変わるとは。マジックのようでした。ピアノというのは本当に不思議な楽器です。そして無限の可能性を持っているんですね。

レセプションでは、もういつものことですが、皆様の素敵なスピーチに感動を新たにしました。どうして皆様は、あのように豊かな感性をお持ちで、的確な表現で人に伝える術を持っているのだろう??それに引き換え、自分は何と貧弱な語彙なのだろう??もっと気の利いたことをどうして言えないのだろう??と、レセプションでのスピーチが一番嫌な時間です。人間として魅力のある方は、スピーチにも魅力があります。ということは、私にももっともっと人間を磨け!ということなんでしょうね。

とまあ、超久しぶりのブログには、相変わらずつまらないことをグダグダと書きました。最近、文章が書けなくなったなあというのを、ヒシヒシと感じている今日この頃でもあります。これを期に、またチョコチョコと更新していきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

綾瀬市民ホールコンサート感想まとめ [演奏会記録]

 1月に行った「綾瀬市民ホールコンサート」のアンケート集計が送られてきました。毎回、これは楽しみにしています。アンケートを取りっぱなしでなくて、出演者にきちんと報告してくれるところが、このコンサートの良い所でもあります。

 お昼休みに市役所のロビーで行う無料のコンサート。たまたま通りがかった人もいるでしょうし、毎月、楽しみにしている人もいる。その中でアンケートに記入してくださる人は、とても良かったと思っているか、余程ひどくて文句を言いたい人か、どちらかでしょう。そんなことも考慮に入れてお読みください。

 ☆本日のコンサートについて感じたこと
〈曲目・解説について〉
・分かりやすい解説があり、音楽を聴くことができました。
・解説を聴いた後に演奏を聴き良かったです。
・『春の海』が印象派風に聴こえた理由が、プログラム・トークで納得できました。
・指の美しさに感動しました。邦楽と違う趣の『春の海』も良かったです。
ピアノの『春の海』?と思いましたが、違った音楽になり、楽しみだった。
・『春の海』とても良かったです。楽しかった短い時間が過ごせて幸せでした。
・選曲が素晴らしい。楽しかったよ!
・有名な曲が聴けて良かったです。もう少し時間があれば尚良いです。
・知っている曲ばかりでしたので、とても楽しむことができました。
・素敵な演奏をありがとうございました。何年も前から来たいと思っていましたが、家の事情で来られず、今日が初参加となりました。毎日、仕事で忙しく慌ただしい日々なので「心の栄養を」と思い来ました。『メリー・ウィドウワルツ』は知りませんでしたが、あとは知っており、親しみやすい曲を選んで下さったのだなと思いました。又、次回も伺います。
・選曲がとても良かった。ポピュラーな名曲を演奏してくれてありがとう。素晴らしかったです。

〈コンサートについて〉
・レベルの高く、親しみやすい曲で、お正月に贈られたコンサートに感謝しています。
・複数人のコンサートが多かったが、今日はソロで新鮮だった。
・毎回、楽しみに聴いています。
・良かった。
・とても良かった。(同様1名)
・とても楽しかったです。ありがとうございました。
・素晴らしかった。
・素晴らしかった。又。来たいです。藤沢市から来ました。
・仕事で、市役所へは月1・2回来ますが、コンサートに当たることを楽しみにしています。市の市民ではありませんが、素晴らしい催しだと思います。他の市にも広がればと思っています。
・思っていたより、沢山の方が来ていて、楽しみの方が多いのだなと思いました。
・良い事と思います。長く続けてください。

☆出演者へ
〈曲目・解説について〉
・『ラ・カンパネラ』凄く良かったです。大変ありがとうございました。
・力強い素敵な演奏でした。『ラ・ランパネラ』『ラデツキー行進曲』が楽しかった。
・曲の解説が分かりやすくて、今まで何となく聴いていた曲が、新たな視点を持てて良かった。
〈コンサートについて〉
・素晴らしい演奏をありがとうございました。(同様1名)
・見事な演奏でした。
・素晴らしい。
・盛り沢山で、非常に充実感を味あわせていただきました。本当にありがとうございました。
・流石に上手でした。
・音色がすごく良かった。
〈他感想〉
・今後も又、出演していただきたいと思います。
・また来て演奏して下さい。
・また是非来て下さい。
・頑張って下さい。
・今後もますますご活躍下さい。(同様1名)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パレットステージ [演奏会記録]

10850631_582579055210382_2017197606_n.jpg10836135_582578875210400_1512040769_n.jpg10836369_582579015210386_445749087_n.jpg10863538_582578961877058_1996612368_n.jpg10859310_582579365210351_1186116519_n.jpg 3日連続コンサートも2日目まで終わりました。ふぅ。

 まずは、第1日目の『パレットステージ』についてのご報告です。

 南越谷コミ協さんの主催で、今年が12回目のステージ。夏前に、担当の方からの突然のお電話でこのお話しをいただきました。私のHPを見てくださって、興味を持ってくださったそうです。

 既に決まっていたサンシティホールでのコンサートの前日で、かなりハードなことが予想されましたが、時間的なやりくりが無理ではないので、お引き受けしました。

 私が演奏と企画を任された形だったので、出演者や内容も考え、トークもほとんど受け持つことに。
コミ協の役員の方々、南越谷小学校放課後子ども教室の松原さんとも、話し合いを持ち、具体的なリクエスト曲などもいただきました。
 (松原さんには、このご縁で、色々なお話しをいただき、年明けの協働フェスタでもお世話になります。)

 お客様が小さい子どもからお年寄りまで非常に幅広い年齢層をターゲットにしているため、ヴァラエティに富んだ内容で、クラシックというよりは、もっと親しみやすい曲を分かりやすく。皆さんも参加して楽しめるように。クリスマス曲も入れて。など。

 そうして、迎えた昨日。

 百戦錬磨の、クラリネット藤原正明さん、ヴァイオリン脇野真樹さんをお迎えして、とても和やかな雰囲気の中、150名ほどのお客様の熱気に包まれた楽しいコンサートを開催することが出来ました。クラシック、映画音楽、アニメソング、ラテン、ジャズ、演歌、クリスマスソング、本当に何でもありのコンサートでした。(具体的な曲名は割愛させていただきます。)それぞれの楽器紹介で、子どもたちも興味を持ってくれたようで、休憩時間にお2人の奏者は囲まれていました。後半は、子どもたちがステージに上がって一緒に歌ったり踊ったり、また会場の皆さんで歌ったりという時間もありました。

 最後に、サンタの帽子をかぶってプレゼントを配ったりしたので、お客様とも直接ご挨拶をすることが出来て、とても良かったと思います。そして、今日のサンシティのコンサートも聴いてくださった方もいらしたようで、嬉しいかぎりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンサンブルコンサート終了〜そして、新たな誓い [演奏会記録]

 11/1(土)、東京建物八重洲ホールにて、アンサンブルコンサート『光(ライト)の当たる場所へ〜アンダースタディ組の野望』なるコンサートが行われました。

10173772_571342526331702_1974984705372406201_n.jpg63939_10203044916271690_1370809049079137580_n.jpg10645016_10203228337649093_2092441894423851629_n.jpg これは、ほとんどアカデミックな音楽教育は受けたことのない、文字通りアマチュアの方が、天性の勘と熱意と努力により、数々の宗教曲のソロ部分やオペラの難しい重唱を皆様の前でご披露してしまおう、という壮大な試みでした。副題にあります通り、彼らは、所属している合唱団のアンダースタディとして、それらの曲をずっと勉強していながら、本番の舞台では、プロの歌手の方たち(それも世界で活躍するレベルの)に、その座を譲らねばならぬ、という宿命を背負っているので、それならば、自分たちでコンサートをしてしまおう!という発想なのです。

 この企画を昨年末に初めて聞かされて、「ああ、面白いじゃないの。やろうよ!」と即答してしまったものの、実際にメンバーが決まり、曲目が決まり、月1ペースで練習が始まってみると、その歩みの遅々として進まないことに、無事にこの日を迎えられるのか、という????が頭の中でいっぱいになってしまいました。その状態は、8月を過ぎてもあまり改善されることなく、と言いますか、正直に申し上げると、当日まで、私が心の中で掲げていた目標には程遠い状態でありました(><)

 でも、それにしても、この難曲の数々を、本業の仕事(かなり激務)をこなしながら、時間をやりくりして練習日を設定し、暗譜をして、ぎこちないながらも動きもつけて、何とか歌いきった!という事実に対しては、本当にメンバーの皆さんの努力に頭が下がります。私は、一応「コレペティトール」なんていうかっこいい肩書きを付けられてしまいましたが、それに見合うだけの働きは出来なかったと反省しています。もしも、第2回目が許されるならば、その時には、今回の経験を生かし、絶対に更なる高みを目指したいと思いました。

 いらしてくださったお客様には、感謝の気持ちしかありません。訳あって、客席数わずか108席、(一人当たり27枚)のチケットしかなかったため、多くの方をお誘いすることは出来ませんでした。ことさら改まって宣伝活動をする前に、完売してしまったのです。最後の方は、キャンセルが出た1枚をめぐっての激しい攻防戦という感じ(笑)。それほどに、我々の活動を応援してやろうというお気持ちのある方々がたくさんいらっしゃるのだ、ということに驚きです。そして、当日の客席もとても温かく、打ち上げも盛り上がり、心から楽しんでくださいました。

 音楽をする、ということの喜びの1つの形が、昨日は確かにあったと思います。

 古い話しになりますが、2006年〜2010年まで、毎年「MUSIK KREIS KONZERT」というアマチュアの方たちの集いをしていました。そこでは、ソロありアンサンブルあり、歌も器楽も何でもありの、演奏のレベルも問わないという自由なものでした。参加資格は、ズバリ!音楽を愛すること、その音楽を通じて皆と心を分かち合う気持ちのある人、です。色々なチャレンジをしましたが、第1回目は、20数名によるリレー連弾をしたり、第2回、第3回では、トーンチャイムを、(これは練習が大変だった〜一人欠けても出来ないから。)第3回では、二台ピアノによる三善晃の「唱歌の四季」を30名強の方が参加して演奏する一場面も。一個人が企画したイベントのために、こんなに多くの方が賛同してくださるとはなかなか出来ないことだと自画自賛ですが、そう思います。

 そして、ソロで参加した人も、そこで知り合った人どおしが、意気投合し、連絡を取り合い、その後、私を介さずにそれぞれの勝手な活動を開始していたりして、それこそ、私が目指した世界だったのですが、MUSIK KREIS=音楽の輪が、広がっていきました。

 前置きが長くなりましたが、その流れの延長線上に、今回のアンサンブルコンサートがあるのです。MUSIK KREISで生まれた輪が、こうしてまた別な1つのコンサートという形に実を結んだことを、とても嬉しく思っています。そして、出産やその後のバタバタでなかなか再開出来ずにいるMUSIK KREIS KONZERT第6回を、やはりどうしても来年度はやらねばいけないな、と新たな希望をもらうことが出来ました。
 
 その時には、また昨日の客席の皆さんが、何かの形で参加してくださることでしょう!(写真facebookにアップされた物の中から拝借しました。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

気軽にコンサートvol.2 [演奏会記録]

 昨日は、こしがや絵本館にて、『0歳から親子で聴ける〜気軽にコンサートvol.2』クラリネットの大谷幸子さんと一緒にコンサートでした。
vol.2ということは・・・そうです!vol.1があったのです!ちょうど1年前の同じ時期に行いました。そして、その時にもお客様には大変好評だったのですが、自分たちなりに反省点などありまして、それらを踏まえて、今年は準備をしました。

DSCF2659.jpgDSCF2668.jpgDSCF2675.jpg プログラムの詳細は控えますが、チラシを見た方がより分かりやすいように『0歳から聴ける〜』という冠を付けたので、昨年よりも一段と親しみやすい曲を中心とした選曲、参加型コーナーの充実をはかりました。そして、私たちのコンセプトとしては、子どもたちに生の演奏を楽しんでもらうということはもちろんですが、保護者の方たちも単なる「付き添い」ではなく、自分たち自身も楽しめる、癒される、そういうコンサートです。なので、子ども向けの曲ばかりでなく、大人向けの曲も演奏しました。

 とは言え、やはり主役は子どもたち。特に、午前中の部は、小さい子どもたちが多かったので、反応も可愛らしく、こちらが期待した以上に新鮮な反応を返してくれました。打楽器を配るときには我れ先にな感じとか、一緒に歌う時も大きな声で、とても盛り上がりました。生歌付き「はらべこあおむし」もやりました。コンサート終了後も、みんな打楽器に群がってなかなか帰らず、ついにはお母さんに引き離され泣き出す子も。。。

 午後は、小学生も多かったので、歌は大きな声で歌ってくれたものの、前に出てピアノをやりたい人〜?とか言ってもなかなか恥ずかしくて手が挙げられない一面もありました。午前と午後で内容をほんの少しだけ変えたのですが、もう少し変えても良いかなと思う部分もあり、来年への良き課題となりました。

 個人的には、うちの子どももきちんと聴けるかとても心配でしたが、仲良しのお友だちも来てくれたこともあり、一緒に椅子に座って聴けたし、(あ、でもチョロチョロと途中で前に出て来てしまいましたが。。)大きな声で歌ってたし、良かったなあと思います。また、昨年は近くに知り合いもいないため、集客はほとんど大谷さん任せになってしまいましたが、今年は、サークルやボランティアの友だちや生徒さん、facebookを通じて知り合った方など、多数いらしていただき、そういう意味でも、自分が「越谷」に馴染んで来た感じで嬉しかったです。

 このコンサートの開催などに興味を示して、別件で仕事の依頼などもあったりしました。少しずつ、こういった活動を続けていけたら良いなと思います。

 1つ、反省というより残念だった点は・・・想像していた以上に疲れたということです(><)昨年はこんなにどっぷり疲れなかった気がするのですが。。。体調が思わしくなかったというせいもあるかも知れませんが、経験を積んで成長している部分もある反面、体力だけは1年毎に衰えており、だんだんと無理がきかなくなっているのだなあという事実も受け入れなければなりません。ふー。

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマスコンサート!すてきな音楽のプレゼント [演奏会記録]

虹のかなたに.jpg命をあげよう.jpgタップ.jpgフィナーレ.jpgIMG_2337.jpg 12月15日(日)サンシティホール(小ホール)において、地域のアーティストとホールの共同企画vol.12『クリスマスコンサート!すてきな音楽のプレゼント』を、ヴォーカル岡井結花さん、タップダンス田口浩明さん、マリンバ成田美智恵さんと行いました。

 当日は、お天気にも恵まれ、500席近い客席がほぼ満席になるという盛況ぶりで、特に今回はお子さんがとてもたくさん来場してくださいました。ありがとうございました。

《プログラム》
 ゴリウォーグのケークウォーク
 リズムソング
 おもちゃの兵隊の行進
 命をあげよう〜ミュージカル「ミス・サイゴン」より
 楽しいタップダンス講座
 雨に唄えば〜ミュージカル映画「雨に唄えば」より
 星の組曲よりー輝く星、ベツレヘムの星ー
 夢やぶれて〜ミュージカル「レ・ミゼラブル」より
 虹の彼方に〜ミュージカル「オズの魔法使い」より
 サンタが街にやってくる〜みんなで歌いましょう〜

 ドジなサンタさんが、子供たちからのお願いがいっぱい書かれた「ノート」を落としてしまいました。それをみつけた地域の大人たちが、代わりにみんなの夢を叶えちゃおうというストーリー仕立てで、皆さんのよく知っている曲も、初めて聞く曲も、クリスマスの曲も!静かな曲も、にぎやかな曲も、迫力ある曲も!!それぞれの楽器のソロも、アンサンブルも、歌も、踊りも!!!盛りだくさんの楽しいコンサートになりました。

 加えて、タップダンス講座では、抽選で選ばれた子供たち5人が舞台に上がり、実際にタップダンスを履いて挑戦してみるという豪華なオマケ。残念ながら抽選にもれてしまった子供たちも、客席前方でかぶりつきで一緒に踊っていました。

 アンケートの回収率は、今までにないほどで(回収率が良いことは、コンサートの成果の現れ方の1つです。)どれも、温かく励まされる内容のものがほとんどでした。中には、少し「難しすぎた」という方もいらっしゃいましたが、これは、私たちの今後の課題です。初めて劇場に足を運んでくださったお客様、音楽が好きでこういった場に慣れていらっしゃるお客様、色々な方がいらっしゃる中で、全ての方に100%満足していただくことは、恐らく不可能でしょう。ですが、皆さんが何かしら心に残る場面を持ち帰っていただけるように、これからも模索を続けていきたいと思います。

 サンシティホールほ公式HPより、当日の公演レポートはこちら

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

7/7キャンドルナイトその2 [演奏会記録]

 先日アップした写真は前半の演奏のものです。比較的まだ明るい時間からだんだん暗くなっていく時間帯。(午後7時過ぎ〜8時前まで)

 本日は、お客様が撮影してyoutubeにアップしてくださった動画を紹介します。だいたい1曲くらいずつの短い動画が数本あります。
 「世界の車窓から」http://www.youtube.com/watch?v=ZtviHaHdj34
 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」http://www.youtube.com/watch?v=q9FMoWo7yuE
 「ニュー・シネマ・パラダイスhttp://www.youtube.com/watch?v=NOKtoNzk8o4
 「たなばたさま」http://www.youtube.com/watch?v=FyuKHKoFMxw
 「夏の思い出http://www.youtube.com/watch?v=0qMR-6330kQ
 「海〜うみ」http://www.youtube.com/watch?v=7r4OOSRn5Oc
 「星のどうぶつたちより」http://www.youtube.com/watch?v=1BFQZeSBoYw
 「月の光」http://www.youtube.com/watch?v=W_AK5_9JDvA
 
 午後8時にバックに写っている中央市民会館のライトが一斉に落とされますと、本当に真っ暗に。。。そして、問題が!楽譜にうまくライトが当たらないのです。急遽、場所を移動したこともあり、その辺の準備は万端ではありませんでした。なので、不自然に高い位置まで譜面台をあげて、何とか見えるようにしましたが、これでも楽譜の最下部はほとんど見えていません。私の顔もね。

 また、クリスマスの時の演奏では、寒さでやられましたが、今回は蚊にやられました。幸い、風もなかったので、その辺は良かったのですが。手とか鍵盤に蚊がよじ登ってくるので、(何匹も!)それを払いのけながらの演奏になってしまいました。

 教訓!このような野外での演奏では、即興演奏が良い。(時間配分やら段取りの変更にもいかようにも対応出来る!)でも、お客様は「知っている曲」が聴けることを楽しみにしていたりもするから、やっぱりよく知られた曲を暗譜で弾くのが良いかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 演奏会記録 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。