So-net無料ブログ作成

今年も紙芝居講座 [その他]

kamishibai (1).jpg

 一体、どれだけぶりのブログ更新なんでしょう〜〜〜?
 自分の継続力の無さには呆れます。

 さて、昨年は、こと細かにご報告していた埼玉東萌短期大学の「紙芝居」講座、今年も実は受講しています。内容がほとんど、昨年とかぶるので、特に毎回の振り返りブログは書いていないのです。
でも、講座の進め方は昨年よりも進歩していて、より具体的に実践的に役立つ講座になっています。私自身は、日頃、講座の成果を表すような機会もないのですが、6月に行った絵本館コンサートで、紙芝居とピアノのコラボに挑戦してみたりしました。

 昨日の講座では、まず紙芝居の基本的な演じ方のポイントのお話がありました。
 1)声(体に当たり、心に響く)
 2)目(画面・観客)
 3)間
 4)手(ヌキ・サシ)
 5)作品理解
これらを工夫し、共感の世界を生み出します。

 また、受講生の方からのお話で、非常に心に残る言葉がありましたので、忘れないように記しておきます。
 1)作品 2)観客 3)演じ手が「三位一体」となって、共感の世界を生み出すということです。

 恐らく、秋か冬には文教大学のわくわく絵本教室の「読み聞かせ」の講座があると思うので、そちらも参加したいと思っています。(昨年は子どもがインフルエンザにかかってしまい、キャンセルやむなし)来年になったら子どもも小学生になるので、学校で読み聞かせのボランティアとか出来るかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。