So-net無料ブログ作成
検索選択

渡辺美佐子さんの朗読会 [芸術・趣味]

image.jpg先日、渡辺美佐子さんの朗読「りんごのほっぺ」を初めて聴きました。
昭和7年生まれというから、もう80近い?しっかりした足元、滑舌…とてもそんなお年には見えません。どこまでがご挨拶で、どこからが朗読なのか、分からないまま、あっと言う間に世界に引き込まれてしまいました。「りんごのほっぺ」は彼女の経験を書いたお話しだそうで、平たく言ってしまうと、広島の原爆で亡くなった、と思われる(←誰もそれを目撃した人がいない)同級生の男の子との思い出。なかなか文才もあるようで、映像などの助けは全くなく、純粋に語りだけなのに、情景がハッキリと目に浮かんできます。戦争、原爆という理不尽な出来事を、ご自分の感情を押し付けることなく、ただ淡々と伝えるだけで、聴き手の思いがそれぞれに膨らんでいく感じがしました。
とても良い時間を過ごさせていただきました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。