So-net無料ブログ作成

脳科学者、澤口俊之先生の講演会に行ってきました。 [越谷]

12540912_557585107729717_8888009883655948192_n.jpg澤口先生は、「ホンマでっか!?TV」にご出演で有名な方のようですが、私は、TVは見ないので存じ上げませんでした(^^;;
ですが、「子どものやる気を引き出すには」みたいなキャッチフレーズに騙されて(笑)申し込みました。
TVのお人柄とイコールだったのかは分かりませんが、登壇された瞬間に、なんかいい感じって思いましたよ。妙に早口で滑舌が悪く、頭の回転に口が完全に付いて行ってない感じ。で、「ホントは真面目なんだ。」と100編くらい仰ってましたが、いやいや、充分面白いですよ、先生!ってツッコミたかったです。

で、肝心な講演会の内容ですが。
やる気を出す、と言うと非常に抽象的ですが、要は人間性知能HQを高める=前頭前野を発達させることだそうです。
前頭前野とは、脳の各部分の働きを司る指揮官の役割で、サッカーに例えると、各選手がどんなに優秀でも監督がダメならば試合に勝てないし、各選手がまぁまぁでも監督が良ければ勝てるとのことでした。
なるほど〜。

ところで、ピアノの先生としては嬉しいことに、人間性知能HQを高めるには、ピアノの稽古が最も有効だと紹介していました。これはTVでも言っているし、他の記事でも読みました。私も経験上、分かります(笑)具体的に、ピアノの何が良いのか、ということまでは講演会では仰っていませんでしたが、ピティナのHPにも詳しく載っていますので、ご興味のある方はどうぞお読みください(笑)↓
http://www.piano.or.jp/report/04ess/livereport/2015/07/29_20010.html

それに、何と、週に1回40分のレッスンで充分に効果が上がる、ということです!
そして開成中学校の生徒全員が1年半のピアノが必修で、それをしてからは東大進学率が更にアップしたというのですから、これからは「受験のためにピアノ辞めます。」ではなくて、「受験のためにピアノ習います。」の時代ですね。

あ、でも因みにですが、人間性知能HQの発達には週に1回のレッスンで良い、ということですが、ピアノの上達のためには、毎日の練習が必要ですよ〜(爆)それから、私たちのように、既にピアノの技術を習得している人は、対象外だと思います。あくまでも「身につける時に」発達するんだと思います。

それから、人間性知能HQの発達には、有酸素運動をプラスすると更に良いとのことでした。一番良いのは「歩く」ことだとか。ちょうど、特定健診の結果、生活改善が必要と判断された私なので、(生活改善をする意思がない、と返答したのですが。)やはりこれ以上の肥満を防ぐためにも、ウォーキングをしようかしら。そうしたら、少しは暗譜能力もアップするかしら。

えっと、人間性知能HQを高めるための具体的な方法の部分についてのお話しの時に、あまりの暑さに耐え切れず居眠りをしてしまいました(><)ということで、肝心な部分を聞き逃している、というていたらくです。でも、非常にポジティブシンキングな私は、取り敢えずピアノもやっているし、自転車にも結構乗っているし、「ま、いっか〜」と思った次第です。アハ。

おっと、「子どものヤル気を出させるには。」という話しを聞くために行ったんだった。そのことについては、好奇心を持てば、勝手にやる気が出て、勝手に集中する、というトライアングル効果を仰っていました。つまり好奇心を持てば良いと。ま、どうやって好奇心を持たせるか、という新たな問題が出てきただけなんですがね。あとは、報酬(ごほうび)だと。その禁じ手は使ってはいけない、と言われるかと思いましたが、先生はハッキリと「良い。」と仰っていました。

一体、何を学んだのか、よく分からない1時間半ではありましたが、楽しい時間であったことは間違いありません。では、皆さん、ピアノを頑張りましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。